ベトナム産業貿易大臣、保税倉庫の化学品管理を見直す指示

ベトナム産業貿易大臣は、危険な化学物質、爆発物前駆体および産業爆発物の管理を強化するための指令を発行しました。

化学品管理ベトナム

 

 

近年、危険な化学物質(HCNH)、爆発物前駆体(TCTN)、および産業爆発物(IEM)の監査は、法律の規定に従ってかなり定期的に実施されています。武器、爆発物、および補助物質の使用。

化学法は、安全、セキュリティ、社会秩序の在り方を厳密に規定しています。

しかし、最近ベトナムでは、ロンビエンのドゥクザン倉庫での火災後の有害化学物質事故など、環境や人の健康に影響を与える多くの危険な火災および爆発事故が依然として発生しています。ハノイとバクニン省イエンフォン工業団地の消防塗料工場...

特に、コロナ流行後は非常に複雑な状況となっており、多くの企業にて生産が停止し、危険な廃棄物が倉庫や保税倉庫に大量に保管されています。

港湾施設は潜在的に危険が高まっており、事件や災害のリスクは、2020年8月4日のレバノンのベイルート港での硝酸アンモニウム貯蔵に関連する爆発から学ぶ必要があります。

人、物、安全の喪失、社会秩序に影響をもたらす事故や災害から、産業用化学薬品、産業廃棄物、IEMの保管および保存における安全性を確保するため、ベトナム産業貿易大臣は、危険な化学物質、爆発物前駆体、産業爆発物の管理を強化するよう指示しました。

具体的には、次のとおりです。

省直属の機関および部隊の場合:

-化学部門は、化学的事故の防止と対応の計画と対策の詳細と実施を促すために、関係する部門に対して主な責任を負い、監査を進める必要があります。承認された計画に従って地方レベルの化学物質事故対応訓練を組織するよう地方に要請する事も含まれています。

危険倉庫および非危険物の廃棄物倉庫での安全保証、防火および環境保護の検査を強化するために関連する機関を統括し、組織および個人を断固として摘発する必要があります。未だに摘発されていない危険倉庫が多数存在しています。

安全と安全の意識を高めるために、産業安全技術と環境部、法務部、中央に属する都市と州の産業貿易省は責任を負い、企業に広報を行う。

同時に、産業化学物質、産業廃棄物、およびIEMの安全性に関する法的文書、規格、および技術規制の策定をすぐに進める指示がでました。

-産業安全技術および環境部:IEM、産業化学物質の保存における安全、防火および環境保護に関する法的規制の実施の普及を強化する。危険物を使用する企業に、リスク評価レポートと緊急対応計画を作成するように要請します。

-規制に従って生産活動における違反の検査と処理を強化するために、中央および地方レベルで関連する機関が迅速に対応する事

-省の検査官:化学薬品部門、産業安全環境技術部門と連携して、工業用化学薬品、工業規格、危険物、廃棄物を保管している企業を検査する。

 

中央に属する都市や地方の産業貿易省の場合:

-危険物、廃棄物を運用している企業での計画の実施、化学物質の事故を防止および対応するための対策、リスク評価レポート、緊急対応計画の検査を強化します。 今後は、法令、規則に従って違反を断固として処理します。

-地域の港湾、保税倉庫、物流サービス企業の倉庫での工業薬品、産業廃棄物、廃棄物の保管活動のレビュー。産業化学物質、産業化学物質、および危険物のタイプ、数量、保管時間、保管仕様を化学部、産業安全環境部に報告してください。

-セキュリティ、安全、火災、爆発防止、および環境保護に関する規制に準拠して、企業、産業組織を検査するために、地域の関連機関に責任を持ち、協力する必要があります。企業が住宅地、公共エリア、学校、病院から安全な距離を確保するために個別調査を要求することになりました。

上記の場所から工業用化学物質、産業廃棄物、危険物倉庫を移転するための計画とロードマップを作成するよう、州および中央部の都市の人民委員会に助言しています。

-地域の産業化学物質、産業廃棄物、およびIEMの生産、取引、使用、保管、および保存に直接従事するユニットにこの指令を広める際に、関係機関と協力して協力します。

産業化学品、産業廃棄物、産業資材の活動を行う団体、企業、企業

-企業、企業、企業が管理する工業用化学物質、工業用化学物質、産業用爆発物の製造、貿易、使用を行う施設の倉庫と保管場所に関する詳細な統計を作成し、化学省に報告する管理機能により労働安全工学・環境部が調査を行う。

-工業用化学物質、産業廃棄物、および産業用爆発物の製造、取引、使用、保管および保存に直接関与する場合は、その規模と製造条件に適した化学物質の事故防止および対応策と計画を策定する必要があります。工業薬品、産業廃棄物、工業材料の輸出と特性; 問題が発生したときに防止および対応するための最良の機能を確保する必要があります。

-製造、テスト、受け入れ、保存における安全性に関する国家技術規則QCVN 01:2019 / BCTで指定された要件を満たすために、倉庫を改修およびアップグレードする計画を策定します。産業用爆発物および爆発物前駆体の輸送、使用、廃棄についても厳格に法を適用します。

 

実施体制

-化学部門は、この指令で割り当てられたタスクの実施に関するレポートを、定期的に中央政府に報告することにおいて、産業安全技術および環境部門の主要な責任を負い、調整するよう割り当てられています。

-代理店および取り扱い企業の責任者は、割り当てられた責任と法令に従ってこれらを実施する責任があります。

省の中央に報告するために、化学部を通じて産業貿易省に困難と問題を迅速に発見し、監査を進める必要があります。 

ご連絡窓口

TK CHEMICAL CO.,LTD

代表: 肝 付 義 仁 

住所: CN 27.3, ト ゥ ア ン タ イ ン Ⅱ 工業 団 地, ア ン ビ ン, バ ク ニ ン 省 

日本人直通電話: 0936.463.908 (ベ ト ナ ム 国内) 

海外から :+84.936.463.908

 

E-mail :kimotsuki.tokenvn@gmail.com

地図

WebMinhThuan.ComによるWebデザイン